神式 葬儀について

神式葬儀での玉串奉奠について

葬儀には「仏式」と「神式」があり、内容が異なります。
神道の形式に則って執り行われる葬儀を「神葬祭」といいます。
葬儀に参加する立場で、この両者の大きな違いは焼香、線香にあります。
仏式では当たり前の焼香ですが、神式では玉串奉奠というものに変わります。
玉串とは、榊の枝に四手と呼ばれる紙片を下げたもので、神の霊が宿るとされる神聖なものです。
参拝者はこの玉串を捧げて故人の冥福を祈ります。
具体的な手順としては、まず一礼して神官から両手で玉串を受け取ります。
玉串の持ち方は、右手で根元を上から、左手で枝先を下から持ちます。
受けとったらそのまま玉串を乗せる台の前まで進んで祭壇に一礼します。
その後玉串を根元を手前にして縦にし、半回転させます。
これで根元が祭壇の方に向きました。
このまま玉串を乗せる台の上に置きます。
そして、正面を向いたまま2、3歩後退し、二礼した後柏手を2度打ちます。
ここで注意するのが、この時の柏手は音を立てないように打つことです。
最後に一礼して終了となります。
玉串の持ち方や柏手の打ち方にしきたりがあるため、覚えておくとよいでしょう。

Copyright© 神式 葬儀 All Rights Reserved.

神式葬儀での玉串奉奠について