神式 葬儀について

父親の神式葬儀について

私の父親は今から約5年前の年末に前立腺がんで亡くなりました。
その時行いましたは葬儀はまずお通夜は神式に従い家族だけで行う家族葬で行い、葬儀告別式は父親の生まれ故郷でもあります長野のお寺で親族や親戚などを集め行いました。
このようにお通夜は家族でそして告別式は親族や親戚一同を集めて行ったのも、生前父親が書き残していました遺言書に基づいて行ったことでした。
父親の病気がわかりましたのは亡くなる約3年前のことで、父親も万が一の時のことを考えて自分なりの最後の準備のため、残されました私たち家族のために遺言書を残しておいてくれたのです。
お陰様で父親の意向に沿った形で葬儀を行うことが出来て良かったです。
特に父親の告別式を生まれ故郷の長野で行ったことは、たぶん一番喜んでくれていることだと思っています。
私は今は埼玉に住んでいますが生まれは父親と同じ長野でしたので、告別式を長野で行うことが出来て本当に良かったです。

Copyright© 神式 葬儀 All Rights Reserved.

父親の神式葬儀について