神式 葬儀について

神式葬儀の宗教的な意味

葬儀に出席した経験のある人は、その多くが仏式だったと思います。
日本で行われているものの9割が仏式で、神式のものは数%しか行われていないからです。
ここでは神式での宗教的な意味を紹介したいと思います。
先ず仏式での宗教的な意味は故人を極楽浄土へ送り、そこで平安に過ごしてもらうためです。
一方、神式では故人の穢(けが)れを清め、神となって家に留まり、家を守ってもらうためです。
宗教的な意味合いがまったく違っていて、葬儀の中でもそれをかいま見ることができます。
例えば、故人が亡くなると神棚を閉じて白い札を貼り、神棚を封印してしまいます。
これは死を穢れとしている宗教観からで、身内の死の穢れが神棚に移ってしまうことを防ごうとしているからです。
神棚は忌明けの五十日祭で封印を解き、普段どおりにします。
また故人を家の守護神にするために、遷霊祭(せんれいさい)というものを行います。
これは通夜祭の最中に故人の霊を霊璽(位牌)に移すというものです。
故人の霊が乗り移った霊璽を、神棚に置いて守ってもらうためです。

Copyright© 神式 葬儀 All Rights Reserved.

神式葬儀の宗教的な意味